ライトノベル感想 > 戯言シリーズ(西尾維新)の感想




sponsored link



戯言シリーズ(西尾維新) 感想&作品データ

戯言シリーズ」(ざれごとシリーズ)

「戯言シリーズ」は、2002年2月5日に講談社ノベルスから刊行された、

クビキリサイクル」から始まる「西尾維新」によるライトノベル作品シリーズ。

イラストは「」が担当。

「『萌え』と『ミステリー』の融和」を目指して描かれた作品シリーズであり、

作中には多数のいわゆる「萌えキャラ」が登場し、

「萌え要素」自体が伏線になっていることもあるの。

また、シリーズ物であるもののネタバレには配慮されており、

どの巻から読んでも問題のない作りになっている。


同著者のデビュー作であり、第23回メフィスト賞 受賞作品。

このライトノベルがすごい!」2005年度2位、2006年度1位、2007年度3位を記録。

ノベルス版の他に、文庫版でも発売されている。

(出典:ウィキペディア)

サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫) ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫) サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)

■ 戯言シリーズの感想