ライトノベル感想 > ライトノベル作家 一覧 > 西尾維新




sponsored link



西尾維新の作品一覧とプロフィール データファイル

西尾 維新」(にしお いしん)

「西尾維新」は、男性ライトノベル作家&小説家&漫画原作者。

2002年に『クビキリサイクル』で、第23回メフィスト賞を受賞し小説家デビュー。

同作の主人公を語り手とする「戯言シリーズ」で若年層を中心に高い人気を博し、

このライトノベルがすごい!』2006年度1位にランクイン。


ダジャレ的ですらある様々な言葉遊びや掛け言葉を駆使した台詞回し、

漫画・特撮・時事ネタなど幅広い分野のパロディが特徴的であり、

およそ実在しえないであろう奇妙な名前や極端な愛称・通称を持つ登場人物、

漫画やアニメなどでステレオタイプ化された「お約束」のキャラ属性を、

過剰なほど強調した登場人物が作中に数多く登場する作風で知られている。

2009年より『週刊少年ジャンプ』掲載の『めだかボックス』で、

漫画原作者として連載デビューも果たしている。

ちなみに西尾維新というペンネームはローマ字(訓令式)で書くと、

「NISIOISIN」であり、Oを中心に点対称・かつ回文となっている。

(出典:ウィキペディア)

化物語(上) (講談社BOX) クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫) きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)


■ 西尾維新の作品一覧と感想

  • 物語シリーズ(「化物語」にはじまるラブコメ&ミステリー小説シリーズ)
  • 戯言シリーズ (「クビキリサイクル」に始まるラブコメ&ミステリー作品シリーズ)
  • 刀語 (刀を使わない剣士を描いたラブコメ&バトルアクション作品:2007年)